HOME > 1分間で読める豆知識 > 内祝いのマナー

内祝いのマナー

出産祝いのマナー 簡単な説明

出産祝いのお返しとして贈ることの多い内祝い。内祝いの本来の意味や贈る時期など、内祝いのマナーについて簡単に説明します。

<そもそも内祝いって?>

「内祝い」
1 近親者だけでする祝い。
2 自分の家の祝い事の記念に、親しい人に贈り物をすること。また、その品。
 …Yahoo!辞書より引用

内祝いとは本来、お祝い事があった際に、そのことをみんなに喜んでいただき一緒に祝っていただくという気持ちから、お祝を頂いた・頂かないに関わらず、親族や親しい方たちに対してこちらから贈り物をするというものでした。”喜びのおすそ分け”という意味合いだったのです。

今では、「お祝返し」としての捉え方が多い内祝いですが、そもそもが”喜びのおすそ分け”であったことを考えると、出産内祝いの場合は「赤ちゃんの誕生を一緒に祝ってくださりありがとうございます」という感謝の気持ちと、「これからよろしくお願いします」という挨拶の気持ちを込めてお贈りすることが、大切なマナーであると言えます。

<いつ頃贈る?>

お宮参りの終わる出産1ヵ月後くらいが目安。

出産内祝いは、赤ちゃんが生後1ヶ月になる頃に贈るのが一般的です。

とはいえ、この頃はまだまだ赤ちゃんのお世話で大変な時期。ママの体調によっては、内祝いを準備するのも難しいかもしれません。そのような場合は、無理をせず生後2ヶ月くらいまでに贈るようにしましょう。比較的時間のある出産前から、どのようなものを贈るかリサーチをしておくといいかもしれませんね。

出産後、しばらくしてから出産祝いを頂いた場合は、頂いてから1ヶ月以内を目安に内祝いを贈るようにしましょう。

もちろん、出産内祝いに限ったことではありませんが、お祝を頂いた場合のマナーとして、まずはお祝いに対する御礼のご連絡だけはすぐにしておきましょう。

<出産内祝いのお値段は?>

一般的にはお祝い品の半分〜3分の1程度が目安です。

「半返し」が一般的ですが、高価なものを頂いた場合などは、おおよそ3分の1程度の予算でも構わないと言われています。

<何を贈るといいのかな…>

タオルや石けんなどの消耗品、日持ちのするお菓子などが定番アイテム!

様々な年代の方へ贈る可能性のある内祝いですので、広く喜ばれるものとしてタオルなどの日用品や日持ちのするお菓子などは定番品ですよね。

贈る相手にも、小さなお子さんがいれば、相手のお子様の名前を刺繍したタオルなどが当店ではとても人気の品となっています。

内祝いの品と一緒に、ぜひ、メッセージも添えて贈るとより気持ちが伝わるでしょう。メッセージの文例もありますので、ご参考になさって下さい。

このページの先頭へ

オプションサービス

  • 刺繍サービス
  • のし・ラッピングサービス

かんたんショッピングガイド

ご注文方法
ご注文はインターネットまたはFAX、メールで24時間お受けしています。ご出産祝い、内祝にぜひご利用下さい。
お支払い方法
  • 銀行振込(前払い)
送料・配送方法
  • 宅配便/レターパック(500円)
  • メール便(100円)
7,350円(税込)以上のご注文で送料無料!
Copyright(c) 2009-2012 オーガニックコットンの名入れベビーギフト Cotton&Baby. All Rights Reserved.

このページの先頭へ